法人向けインターネット ホスティングサービス概要


LCV-Netホスティングサービスとは?

独自ドメインのホームページアドレス・メールアドレスは企業にとって必須なものになっております。 この独自ドメインのホームページアドレス・メールアドレスをお客様に負担なく運用いただくサービスがLCV-Netホスティングサービスです。

LCV-Netホスティングサービスのメリット

通常、自社で独自ドメインを運用する場合、サーバ構築から運用管理まで、すべてを自社で行なう必要があるため、 サーバの保守や管理コストの負担は予想以上にかかります。

しかし、LCV-Netホスティングサービスをご利用いただくことで下記のメリットがございます。

LCV-Netホスティングサービス【メリット】
管理担当者が笑顔で余裕なイメージ

  1. 専門の担当者が不要。
  2. LCV-Netのサーバを利用するため、サーバ機器の購入・構築は不要。
  3. LCV-Netが24時間365日、サーバの保守をしております。
  4. 社内外からの苦情の内容に対して調査・サポートいたします。

自社サーバ運用【デメリット】
管理担当者が慌てて大変なイメージ

  1. 専門の担当者が必要。
  2. サーバ機器の購入・構築が必要
  3. 24時間・365日のサーバ保守体制
  4. 社内外からの苦情処理

LCV-Netホスティングサービス特徴

他社に負けないLCV-Netホスティングサービスの強み

インターネット回線からサーバまで一括でご提供

ホームページサーバやメールサーバを提供している会社とインターネット回線を提供している会社が別々というケースが良くありますが、 「メールが出来ない」「ホームページの更新ができない」等の突然のトラブルが起きた時にどこに連絡すればいいのか対応に困ります。

しかし、LCV-Netホスティングサービスでは独自のインフラであるCATV網を利用したCATVインターネット接続等のインターネット接続回線までを一括でご提供しております。 従いまして、連絡窓口はLCV-Netのみとなりますのでスムーズな対応が可能です。

LCV-Netの場合
LCV-Netの場合イメージ

他社の場合
他社の場合イメージ

インターネット専門の担当者は不要

LCV-Netでは法人専門の営業スタッフが御社の抱えるインターネットのお悩みに対して直接お伺いしてアドバイス、 サポートいたします。その為、インターネット専門の担当者や専門知識は必要なく、インターネット運用が可能となります。

独自ドメインとは?

ホームページを閲覧したり、メールのやり取りをする場合、基本的にはホームページアドレスやメールアドレスを入力します。 このホームページアドレスやメールアドレスの一部、例えばhttp://www.lcv.ne.jpの「lcv.ne.jp」の部分を【ドメイン】と呼びます。

また、ドメインにも大きく分けて2つの形態があります。

1つはプロバイダドメインと呼ばれるものでプロバイダのドメインを借りてホームページアドレスやメールアドレスを運用します。

もう1つは独自ドメインと呼ばれるもので自社でドメインを取得してホームページアドレスやメールアドレスを運用します。

独自ドメインのメリット

プロバイダを変更してもホームページアドレスとメールアドレスは変わりません。

通常、プロバイダドメインで運用しているとプロバイダを変更する度にホームページアドレスとメールアドレスが変わってしまい、 名刺の刷り直しや今までやり取りした方にアドレス変更のお知らせをしなければなりません。 しかし、独自ドメインの場合、大抵取得した独自ドメインは契約するプロバイダへ移行できますのでこのような負担はありません。

自社名が入るから覚えやすい!

プロバイダ名がホームページアドレスやメールアドレスに入らないので覚えやすいものとなります。

独自ドメインの種類

LCV-Netでは以下の独自ドメインの取得運用が可能となっております。

属性型JPドメイン

ドメイン 特徴
〇〇〇.co.jp 株式会社、有限会社、合名会社、合資会社、相互会社、特殊会社、その他の会社及び信用金庫、 信用組合が取得できるドメインです。
〇〇〇.ne.jp ネットワークサービス業を行なっている個人、組織、団体が取得できるドメインです。
〇〇〇.or.jp 財団法人、社団法人、医療法人、監査法人、宗教法人、特殊法人、農業共同組合、 生活共同組合が取得できるドメインです。
〇〇〇.gr.jp 2名以上からなる日本国法に基づいて設立された任意団体が取得できるドメインです。

※ 上記以外の属性型 JP ドメインのご希望がありましたら別途ご相談ください。

汎用JPドメイン

ドメイン 特徴
〇〇〇.jp 日本国内に住所があれば誰でも取得できるドメインです。
なお、汎用ドメインは1組織いくつでも取得することができます。

※ ASCII 文字列(ローマ字、数字、記号等)のドメインのみとなります。 (日本語ドメインはご利用いただけません。)

gTLD

ドメイン 特徴
〇〇〇.com 商業組織向けのドメインです。
〇〇〇.net ネットワークサービス業向けのドメインです。
〇〇〇.org 非営利組織向けのドメインです。
〇〇〇.biz ビジネス向けのドメインです。
〇〇〇.info 使用目的(ビジネス・プライベート・非営利)に制限がなく取得できるドメインです。

※ ASCII 文字列(ローマ字、数字、記号等)のドメインのみとなります。 (日本語ドメインはご利用いただけません。)
※ LCV-Net の gTLD ドメイン委託業者は株式会社日本レジストリサービスとなります。株式会社日本レジストリサービスの gTLD 取次サービスに関するドキュメントは こちらをご覧ください。