健康経営の取り組み

健康経営宣言

エルシーブイ株式会社は、従業員の健康が当社及び社会にとって、大事な財産であると捉え、従業員の健康増進活動を積極的に支援することにより、当社のグループ企業理念「お客様の暮らしのために。地域とともに、地球とともに、成長・発展し続けます。」の達成を目指します。

エルシーブイ株式会社
代表取締役社長 吉澤 君弘

 

健康経営大綱

当社の健康経営をより積極的に推進していくため「健康増進」、「安全衛生」、「働き方改革」の3つの柱からなる『エルシーブイ株式会社 健康経営大綱』を制定しています。

  1. TOKAI-WAYを実践できる心身ともに健康な従業員を育成します。
  2. 「健康経営」を企画・運営するため、「健康経営」、「安全衛生」、「働き方改革」を推進する委員会を各々組織します。
  3. 従業員の健康増進を積極的に支援することにより、従業員が健康で活き活きと輝いて仕事ができる職場環境を目指します。
  4. 「安全と健康は経営の基盤である」という認識のもと、安全衛生関係法令及び社内基準を遵守し、安心・安全で快適な職場づくりを推進します。
  5. 従業員の働きやすさを支援し、仕事上の責任を果たすとともに家庭や地域生活などにおいて調和がとれたワークライフバランスを実現します。
  6. 従業員は自らの健康を管理・保持する責任を持ちます。
  7. 健康経営の実行に当たっては、適切な経営資源を投入し、効果的な改善を継続的に実施します。

健康意識向上への取り組み

自らの健康への意識を高く持つ従業員をより増やしていくため、健康づくりの取り組み支援や健康情報の提供を継続的に行っています。

≪当社従業員の健康保持・増進の取り組み内容ご紹介≫

■運動に関する取り組み

健康づくりのため、始業開始前に毎朝ラジオ体操を実施しています。
また、ウォーキングラリーや、保健師による講習会を実施し、継続的な運動活動を推奨しています。

2018年度 取り組み実績
○ウォーキングラリー 12名参加
○全国健康保険協会 長野支部 保健師による「健康づくり講習会」実施 41名参加
○「白樺リゾート健康いきいき診断クラブ」法人会員

■禁煙への取り組み

健康的で快適な職場を実現するとともに、従業員の受動喫煙の防止、禁煙の促進を目的として、就業時間内の全面禁煙を実施しています。
また、喫煙者の健康に配慮し、禁煙支援を行っています。

2018年度 取り組み実績
○禁煙プログラム実施 (禁煙治療費補助)
○禁煙に関する書籍「禁煙セラピー」を各部署に配備

■メンタルヘルスケアの推進

メンタル不調の未然防止に向けたメンタルヘルス対策を推進するため、ストレスチェックや管理者、従業員向けの研修も計画的に実施しています。

2018年度 取り組み実績
○ストレスチェック実施(全従業員対象)

■がん対策支援

主要5大がん(肺がん、大腸がん、胃がん、乳がん、子宮がん)の検診実施及び、検診受診促進を行っています。肺がん、大腸がん、胃がんは、定期健康診断の法定項目の徹底受診および受診項目を追加することで受診をしています。
女性特有疾患の乳がん、子宮頸がんに関しては、会社から一定の補助をすることで検診の受診促進を行っています。

2018年度 健康経営に関する取り組み結果

定期健康診断受診率 100%
適正体重維持率(BMI) 71%
喫煙率 17.6%
ストレスチェック実施率 100%
有給休暇取得率 65%