■落雷からあなたのパソコンやケーブルモデムの故障を防ぐために

雷が発生した際、落雷による電源系統からの誘導雷が原因で、パソコンやケーブルモデムが破損してしまう事があります。 このような被害によってパソコンやケーブルモデムの故障を防ぐために、落雷対策を施しましょう。

 

雷の電流はどこから進入するの?

雷の電流は、落雷時にパソコンやケーブルモデムの電源側から進入します。これによりパソコンやケーブルモデムの基盤などが破損します。

※注意
宅内に引き込まれている CATV の同軸ケーブルは保安器によって守られているため、雷の電流が進入することはほとんどありません。

 

落雷対策はどうしたらいいの?

雷が鳴り始めたら…

  1. パソコンを正しく終了させた後、パソコンの電源プラグをコンセントから抜きます。
  2. ハブやルータ、TAなどの周辺機器の電源プラグをコンセントから抜きます。
  3. ケーブルモデム背面の電源コードと、LANケーブルを抜きます。

雷が鳴り止んだら…

  1. ケーブルモデム背面の電源コードとLANケーブルを接続します。
  2. ケーブルモデム起動後、ハブやルータなどの周辺機器の電源プラグをコンセントへ接続します。
  3. パソコンの電源プラグをコンセントへ接続し、電源を投入します。
  4. パソコンが起動したら、インターネットへの接続を確認します

ご注意

  • 雷の音が近い場合は、感電の恐れがあるため上記作業は絶対に行わないで下さい。
  • ケーブルモデムに差し込まれている同軸ケーブルは絶対に外さないで下さい。
  • 普段はなるべくケーブルモデムの電源を切らないようにして下さい。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中0人がこのFAQは役に立ったと言っています。