エルシーブイサービス提供エリア

  • 長野県諏訪市
  • 長野県岡谷市
  • 長野県茅野市
  • 長野県塩尻市(北小野地区のみ)
  • 長野県諏訪郡下諏訪町
  • 長野県諏訪郡富士見町
  • 長野県諏訪郡原村
  • 長野県上伊那郡辰野町
  • 長野県北佐久郡立科町(白樺湖畔のみ)
  • 山梨県北杜市(白州町大武川のみ)

※ 上記地区内でも一部未施工地区ではサービスをご提供できない場合がございます。
詳しくはお問合せ下さい。

ページトップへ戻る

ご利用までの流れ

1.お客様にてお申込み

TELまたはWEBよりお申込み下さい。

電話でのお申込みはこちら WEBでのお申込みはこちら

2.ご契約


担当者よりご連絡させていただき、ご契約、工事の説明、工事日程の調整をさせていただきます。 ご契約には金融機関お届け印・口座番号が必要ですのでご用意ください。

3.工事


工事担当者がお伺いし、通常2~3時間程度で工事が完了します。 尚、工事のお立会いをお願いいたします。

4.サービス開始


工事終了後、ご利用いただけます。

ページトップへ戻る

一戸建て住宅標準工事例


(※1) タップオフ 幹線ケーブルから各戸に引き込むための分岐・分配器。
(※2) 保安器 雷などによって発生する外部からの電流を遮断。
(※3) STB デジタル放送をご視聴の場合に取り付けが必要。
最寄りの電柱のLCV幹線よりお客様宅にケーブルを引き込みます。
電柱からの引き込みケーブルを一旦保安器に接続し、雷よけの処理を行ないます。
保安器から既存の宅内配線にケーブルを接続します。
※ 建物や宅内配線の状況により工事内容が変わります。

ページトップへ戻る

宅内配線

1 配線方法について

1.1 宅内配線方式

従来の住宅で採用された「送り配線方式」では、送り配線用と端末用の直列ユニットを使用しますが各部屋の信号レベルが均一でなく、 また雑音防止対策、メンテナンスが困難なため、LCVでは伝送損失が少ないことや将来の配線システム変更等が容易なこと等からも「分配配線方式」を推奨しています。(図1)
図1.配線方式
配線方式イメージ

1.2 BS・CS放送設備及び音楽有線放送設備との併設

BS放送やデジタルCS放送の番組は一部弊社でも放送サービスしておりますが、BSやCSのアンテナを独自に設置する場合は、 TV用配線と別配線でご検討下さい。また、音楽有線放送を併設される場合は、有線放送の伝送帯域が弊社の仕様周波数と重複しますので、 TV配線と絶対混合することのないようにして下さい。

1.3 CATVインターネット対応宅内配線

戸建て住宅であらかじめ弊社ケーブルモデムを使ったCATVインターネットサービスを希望されるお客様については、 保安器よりケーブルモデムを設置する部屋まで、TV配線とは別にCATVインターネット専用の配線を敷設して下さい。(図2)

図2.CATVインターネット対応配線例


また、アパートなど集合住宅でCATVインターネット対応を検討される場合には上り帯域を増幅できる双方向ブースター(増幅器)や雑音をカットするハイパスフィルターなどのCATVインターネット対応機器が必要になります。
CATVインターネット対応集合住宅の配線例を示します。(図3)
図3.CATVインターネット対応集合住宅配線例

2 テレビ端子の出力レベル

目安として65dB以上を確保して下さい。但し帯域により電界強度が異なるため、このレベル以上必要な場合も考えられますので、 周辺状況調査や浮動電界強度測定などにより、適正値を確保されるようお願いします。 必要に応じてブースター(増幅器)を取り付けて下さい。
※ 弊社タップオフ出力レベル(目安)

伝送周波数帯域 10~770 MHz
出力レベル 75dB ( 450 MHz )

3 双方向対応機器・部材について

3.1 配線ケーブル

シールド特性の高く低損失の「S-5C-FB」を使用して下さい。
※ 「5C-2V」や「5C-FV」は対応できません。

3.2 コネクタ

同軸ケーブルの接栓には、ケーブルのサイズにあったF型コネクタを使用して下さい。

3.3 ブースター(増幅器)

双方向型(下り帯域 70MHz~770MHz : 上り帯域 30MHz~55MHz)をご利用下さい。

集合住宅では上り帯域を増幅できるものが必要です。

3.4 分岐・分配器

10MHz~770MHzの周波数を通すもの。また、ケーブルには行先を表示して空き端子には終端抵抗器(ダミー抵抗器)を取り付けて下さい。
※ ケーブル直付けの物は対応できません。

3.5 テレビ端子

10MHz~770MHzの周波数を通し、結合損失の無いもの。外来雑音・不要輻射対策されたもの(F型コネクタ付き)を使用して下さい。
※ケーブル直付けの物は対応できません。

3.6 機器設置スペース

メンテナンスが可能な場所に分配器・ブースター(増幅器)を取り付け、ブースター(増幅器)用に100V電源コンセントに設置して下さい。 屋外等雨のかかる場所に機器を取り付ける場合、防水仕様の箱に収容して下さい。なお集合住宅の場合は共用電源から電源を取って下さい。

4 宅内LAN

ご家庭でCATVインターネットをご利用する場合には宅内LANを構築することにより複数のパソコンで同時にインターネットに接続することが出来ます。 この宅内LANではハブを中心として各パソコンにスター状にLANケーブル(CAT5)を配線するのが一般的です。(図5)
また、弊社のグローバルIPアドレスサービスをご利用の場合には、ハブの他にブロードバンドルータが必要になります。
この他にも各パソコンへのLAN配線が不要な無線LANによる接続方法もあります。詳しくはLCVまでお問い合わせ下さい。

5 施工上の注意事項

5.1 引込口

建物への同軸ケーブル引込口は電話の保安器取り付け付近(点検・保守が容易な場所)に設けて下さい。 弊社にて保安器(避雷器)を取り付けます。

5.2 機器の取り付け

機器が建物の金属部分に抵触しないように木版等をとりつけて下さい。また、機器を収納箱に収める場合は、機器の大きさと、 箱内のケーブル配線の引き回しを考慮し配置して下さい。なお分配器には後から上り雑音カットフィルターを取り付ける場合がありますので空きスペースを確保して下さい。

5.3 テレビ・ユニット(壁面端子)の取り付け

同軸ケーブルの加工寸法はメーカーにより異なりますので使用するものに合わせて加工して下さい。 また、編組が心線とショートしますとテレビの映りが悪くなりますのでご注意下さい。

5.4 ケーブル

ケーブルは同軸ケーブル用サドルで固定するか、CD管またはPF管などの配管にケーブルを通して固定するようにして下さい。 ステップルで強く固定しますと、同軸ケーブルが変形又は損傷し映像や音声が劣化する恐れがありますのでご注意下さい。
図5. 宅内LAN配線例

ページトップへ戻る

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中2人がこのFAQは役に立ったと言っています。