YAHOO!gooGoogleinfoseek

エルシーブイ株式会社

ウェブ  |  画像  |  動画  |  サイト内 

プレスリリース


2016年6月3日

エルシーブイ株式会社の自主放送番組がギャラクシー賞受賞のお知らせ

エルシーブイ株式会社(長野県諏訪市、代表取締役社長:坂本(さかもと)万明(かずあき))が制作した番組が、第53回ギャラクシー賞のテレビ部門において選奨を受賞したのでお知らせいたします。

受賞した作品は、長野県富士見村(現、富士見町)から、戦前に満州に開拓団として渡り、終戦を迎え苦難の末に帰国した12人のインタビューに基づき作成したドキュメンタリーであり、2015年11月8日(日)に放送したものです。


■番組名:「満州 富士見分村〜戦後70年の証言〜」


■番組内容

戦前から終戦にかけて、長野県は全国で最も多くの開拓移民を満州(今の中国東北部)に送りました。しかし県内の市町村で最も多くの開拓移民を送った旧富士見村(現、富士見町)の事は地元でもほとんど知られていません。本番組では、元開拓団員とその家族合わせて12人の証言と貴重な資料映像を記録にまとめました。なぜ、多くの村人が満州に渡ったのか。そして戦後の混乱をどう生き、今、何を思うのか。村の開拓団員のほとんどが参加した「富士見分村」の歴史をたどりました。

(制作ディレクター:放送制作部 報道課 早出(そうで)伸哉(しんや)


今回、ギャラクシー賞のテレビ部門で、2015年に放送された全てのテレビ番組から400本以上の推薦作品や応募作品があり、その中から選考委員により高い評価を得て選定された入選14作品に選ばれ、6月2日(木)セルリアンタワー東急ホテル(東京都)で贈賞式が行われ、選奨を受賞いたしました。

ギャラクシー賞は、NHK・民放各社・BS・CS・CATVなどが、すべて同じ土俵で審査され、出品される作品もノンジャンルで競う為、放送業界では日本国内テレビ番組作成で最も権威ある賞とされ、「日本のエミー賞」とも、「放送界のアカデミー賞」とも呼ばれております。(『ギャラクシー賞』主催者:NPO法人 放送批評懇談会)

当社は、「平成18年7月豪雨」における緊急報道特別番組及び一連の報道活動において、第44回ギャラクシー賞(2006年度)の「報道活動部門」(選奨)を受賞しており今回2回目の受賞となりますが、CATV業界で「報道活動部門」「番組部門」の両部門の受賞を達成したのは、当社が初めてとなります。


この受賞を励みに、今後もお客様に満足いただける番組制作に取り組み、地域に必要な情報をお届けしてまります。

【お問い合わせ】

エルシーブイ株式会社
TEL:0120-123-833
受付時間:平日 9:00〜19:00 / 土日祝日 9:00〜18:00